消費者金融で、借金の取り立てはあるのか

あるとき友達に相談されました。「消費者金融で借りようと思うけど、取り立てとかないの?」とのことでした。

プロミスなどで借りても、厳しい取り立てはありません。電話やハガキで「返済がまだなので早くお願いします」という連絡が来るだけです。

以前は家の前まで怖い人が来たり、ドアをドンドン叩かれたりといったことがあったそう。ただ、今はこうした取り立てが法律で禁止されているので、特に危ない目にあうことはないです。

消費者金融にマイナスイメージを持っている人は多いですが、意外と安心して使えるサービスなわけです。

僕は人から借りるよりも消費者金融のほうが安心だとさえ思うくらいなので、ぜひ使ってみてください。

ちなみに今の消費者金融はキツイ取り立てはなくても、返済はキッチリしないといけません。借金を踏み倒したり借り逃げしたりといったことはまず無理なので、あきらめて返済するほうがいいです。

返済に困ったら、とにかく相談が一番です。ハガキや電話を無視し続けいても逃げられず、ストレスや不安が膨らむだけ。それなら消費者金融に電話して相談するべきです。

消費者金融も意外と借金をする人の事情を分かっているので、返済プランの見直しなどをしてくれます。

とりあえず、人に相談すると気持ちの面で落ち着きます。自分だけで抱え込むのは良くないので、なるべく人に話してストレスを和らげましょう。

また、お金借りたい即日のときには、このサイトを参考にしてみるのも良いと思います。

消費者金融を使うと良いときはこんなとき

プロミスなどの消費者金融は、いろんな場面で役立ちます。

まずは旅行に行きたくなったときです。旅行はお金がかかり、国内の移動で片道1万円ほど、ホテルなどで1万円ほどかかることはよくあります。

僕は旅行が結構好きなので、時間ができたらどこかへ出かけたい派です。消費者金融なら5万円や10万円くらいならサクッと借りれるので、どこかへふらっと出かけたくなったらおすすめです。

次に競馬です。G1レースなどの勝負の時には、大きく賭けたいことも出てきます。消費者金融で軍資金を借りれば、心置きなく勝負できます。

僕は競馬がわりと好きで、時々出かけては勝負しています。たまに大きく勝つ時の瞬間がとても嬉しく、今でも続けています。やっぱり馬はいいですよね。

5万くらい用意すればかなり楽しめるので、プロミスなどで借りて出かけましょう。

ただし競馬で気をつけたいことは、つい熱くなりすぎてしまうことがある、ということです。なかなか勝てないと、次こそは!という気持ちが出て、大負けしてしまうことがあります。

これを避けるには自分の気持ちを強く持って、我慢するときは我慢することが大切です。際限なく賭けていると本当に借金が膨らむため気をつけましょう。

消費者金融の審査について

プロミスは申し込んだらすぐに借りれるわけではなく、審査に通ると融資してもらえます。公式サイトから申し込みボタンを押して必要項目を入力し、手続きを終えます。

するとそこから審査が始まり、通ると電話で連絡があります。

だいたいの消費者金融は、30分くらいで審査が終わります。 近くに店舗があれば借りるまでに1時間くらいしかかからないので、早く借りたいときに便利です。

審査で何が行われているかはわかりませんが、申し込んだ情報をいろいろと確認しているようです。会社の電話番号や年収なども入力するので、本当に返済できるのかがポイントになっているんだと思います。

僕は審査に落ちたことがありませんが、人によっては落ちることもあるみたいです。借金がすでに大きい場合や電気代などを払っていないと落ちやすくなるよう。

プロミスは貸したお金に利息をつけていて、その利益で儲けています。なのでお金を返してもらえないとやばいため、審査でチェックしているのだと思います。

まあ、タダでお金を貸してくれるなんてうまいサービスはないですよね。利息がつくのはちょっと嫌な気もしますが、お金を貸してもらえるだけありがたいのだと思います。

っていうか、本当は借りなくて済むのが一番いいので、お金がやばくなったら早めに手を打つことをおすすめします。バイトを増やすなり何かすれば、わりと1万や2万はすぐにプラスになるはずです。

人からの借金はやめとくほうがいい

お金が苦しいときにはつい友達や親からお金を借りたくなりますが、僕としてはあまりおすすめしません。その理由は人間関係のトラブルになることがあるためです。

友達から借りようとするとどうしても嫌がられますし、友達が他の友達にも「アイツやばいらしいよ」と言いふらし、どんどん周りの人が離れることもあります。親にはすごい迷惑をかけてしまうし、もしトラブルが大きくなったときに巻き込んでしまうこともあります。

こうした理由で、なるべく人から借りるのはおすすめしません。

じゃあどうするかなのですが、プロミスなどの消費者金融で借りるのがベストだと思います。消費者金融なら自分だけの問題で終わるので、自分から借金のことを言わなければ迷惑はかかりません。

僕はお金が厳しいときに、よく5万円や10万円を借りていました。これくらいのお金なら普通にプロミスなどで借りれるので、おすすめです。

僕が借りたお金を何につかっていたかというと、ほぼ競馬か夜遊びです。やっぱり夜遊びは楽しいので、つい使いすぎてしまうことがよくありました。そのときにプロミスは本当に助かるので、人から借金するならプロミスです!

ちなみにアコムやアイフルでもいいと思います。お金を借りれるという点では同じなので、そこまで大きな違いはないはずです。

僕はプロミスに救われました。貯金がないときでもプロミスは心の友。いつもさっとお金を出してくれて、手を差し伸べてくれたわけですね。

お金がやばくなったときに食べた食事

僕はお金を使いすぎて貯金がなくなったことがあり、そのときにどんなものを食べていたかを紹介します。

まずはうどんです。うどんはスーパーにとても安く売っているので、お金がないときには神のような存在です。

僕が行っていたスーパーでは1玉18円でうどんが売っていたので、100円くらいでまとめて買っていました。大人買いです。

でも1度失敗したことがあり、まとめて買ったうどんが食べきれなくなり、腐らせてしまったことがありました。そこからは1度に買う量を3玉までに抑えて、食べきれるようにしています。

もうひとつよく食べていたのが、100均のパスタです。100円ショップにパスタとパスタの素が売っていたので、うどんに飽きたときにはよく食べていました。

パスタはペペロンチーノとたらこが好きで、前より多少は楽になった今でも、この100均のパスタは買うことがあります。普通にうまいです。

あと、もやしもよく食べていました。もやしも10~20円くらいで売っていたため、うどんの付け合わせによく食べていました。もやしはさっと茹でてめんつゆとお酢、ラー油を絡めて食べると美味しいのでおすすめです。

お金がないときは本当に食費が大切なので、工夫するしかありません。人によってはティッシュを食べたとか、道に生えている草を食べたとかいう武勇伝もありますが、あまり健康に良くないのでやめておくほうが良いです。

こんな感じで僕は貯金が底を尽きた時を乗り切っていました。参考になれば嬉しいです。